観光庁事業コーチング業務

この度、観光庁による「歴史的資源を活用した観光まちづくり」事業の専門家、そしてコーチングを務めさせていただいております。

今回最初の視察場所エリアとして訪れたのは、石見銀山の隣にある島根県の大森町。

この町は深刻な過疎化が進んでいる場所ですが、いかにも観光地化的要素が全くない美しい歴史的景観を、現在400名程の住民の皆さんが力を合わせて守っている町です。

銀山が世界遺産登録されたことによって、地元の住民がオーバーツーリズムの危険性を痛感するほどの多くの観光客が流れてきましたが、それと同時に、歴史的景観保全と町にあるまだ使われていない多くの建物をリノベーションするための観光から得られる収入も必要であるという現実にも直面しています。

私が出会ったのは、その土地の未来のサステイナビリティのために懸命に努力を続ける、若く、エネルギーに溢れる地元のコミュニティでした。彼らの挑戦は、訪問者の受け入れとコミュニティに悪い影響を与えることなく地元住民の生活文化を体験できるよう、バランスが取れているものでした。

ほとんど学ぶことのないまま、観光とは逆方向に向う地元のライフスタイルへのアクセスを提供する方法は、このエリアの主な課題だと感じました。やるべきことは沢山ありますが、それでも自治体と地元企業が力を合わせてそれらの課題を解決しようとしています。

石見銀山という歴史的鉱山も素晴らしかったのですが、個人的には、視察中偶然にお会いした地元の職人さんらによる竹編みすだれと自然の土で覆った壁により感銘を受けました。しかも、ただ見せていただくだけなく、土壁塗りを体験させてもくださいました。

これらの復興活動は、群言堂というブランドを中心にアパレル、飲食、宿泊と幅広く事業を行っている会社によって支援されており、クリエイティブな若者たちをこの地域に呼び寄せています。宿泊施設に関しては、ジブリの世界観が好きな方には他郷阿部家(たきょうあべけ)を強くお勧めします。

https://kurasuyado.jp

引き続き、この観光庁事業のサポートをさせていただくのを楽しみにしています!

Extremely happy to be working for the Japan Tourism Agency as an expert and coach for their project developing historical townscapes and buildings for tourism.

The first area I visited was the lovely Omori Town in Shimane Prefecture, located next to the Iwami Ginzan Silver Mine.

The town itself has been the victim of extreme depopulation, but the 400 people that live there today have done an admirable job of maintaining the historic feel of the town without it feeling “touristy”.

The World Heritage inscription of the silver mines brought a massive influx of tourism that has made the people living here acutely aware of the perils of overtourism, but equally aware of the reality that income generated from tourism is needed to maintain the historic townscape and renovate the many buildings around the town that still remain unused.

What I saw was a young and energetic local community who really are doing their best for the future sustainability of their region. Their challenges really lie in balancing the ability to accept visitors and give them a taste of local life without impacting the local community in a negative way.

Methods of offering access to local lifestyles without leaning too hard towards the tourism end of the spectrum is the main challenge here. A lot to work on but the local government and private sector are coming together to try and solve these issues.

For me the highlight wasn’t the much vaunted historic mine but rather randomly meeting some local craftsmen building a wall by weaving bamboo slats and covering them in natural clay. They even let me have a go, much to the amusement of everyone watching.

Much of the revitalization here has been supported by Gungendo, a textile and fashion company that has its headquarters in the town. They have brought young, creative people to the region and the accommodation they operate is highly recommended. Fans of Ghibli will certainly appreciate the vibe at Takyo Abeke.

Looking forward to supporting the development of this project going forward!

その他のワーク